冷却期間と復縁へのアプローチ方法

 

彼氏と別れた後で復縁を望んでいるとき、よく「冷却期間をおきましょう」というアドバイスがあります。
しかし、一体どのくらい冷却期間を置いたら良いのかということに関しては、彼の性格や別れた原因などにより様々です。
ここでは、どんな場合にどれくらいの冷却期間を置けば良いのかについて考えてみましょう。

 

修羅場にならずに、すっきりと別れられた場合

 

別れ話をした際に感情的にならず、悲しいながらも潔く身を引くことができた場合は、一週間程度の冷却期間で良いでしょう。
お互い怒りの感情を持たずに別れることができたのなら、一週間も経てば穏やかな気持ちでメールをしたり、話したりすることができますね。
もしもデートがマンネリ化してつまらなくなった、彼の仕事が忙しくて恋愛気分ではなくなったなど、環境的な流れが原因で、あなたの引き際が綺麗だったならば、一週間もすれば、彼の方も寂しさを感じ始める頃です。

 

見解の相違で喧嘩別れしてしまった場合

 

自分の主張を通すことで喧嘩になり、怒りの感情と共に別れてしまった場合には、最低一ヶ月は必要です。
彼の中に、あなたに対しての悪いイメージが残ってしまっている間は、存在を消した方が良いでしょう。
復縁を考えるならば、その一ケ月間で自分の内面や外見を変える様に努力をすることが大切です。
一ケ月も経ち、怒りの感情が消えた時に彼と連絡をとってみます。
もし会うことができて、彼があなたの内面の変化に気が付く程になれば、復縁の可能性も高くなるのです。

 

喧嘩別れをした末に、追いすがってしまった場合

 

このケースが一番復縁が難しく、三ヶ月は彼との関わりを一切持たない方が良いでしょう。
喧嘩をしたことでのあなたへの怒りと共に、追いすがられたことによる嫌悪感が強く残ります。
また同じ様なことがあったらあんな感じになるのだ、感情に任せて何をされるか分からない「恐ろしい女」というイメージを持たれてしまっていることでしょう。
この三ヶ月間は彼への連絡は絶対にせずに、自分を磨くことに努めて下さい。
そして彼へは周囲の友人を通して「変わった」「一生懸命資格取得の勉強をしている」等の近況が伝わるようにしましょう。
連絡を取る際も、何かの用事を作り、未練があるような素振りを見せない様にします。

 

 

 

復縁したいとなると、冷却期間が待ち切れずにどうしてもフライングして彼に連絡してしまいたい衝動に駆られます。
そんなときには合コンや街コンに参加したりして、なるべく多くの異性と出会うことにより、彼以外の男性の良さについて学ぶことも良いでしょう。

 

 

あなたと元カレの復縁について占ってみませんか?

本格的な占いなら電話占いがおススメです!

ここではランキングで占いサイトを紹介しています!

電話占いなら場所や時間を気にせず気軽に相談できますよ!

占いで元カレとの復縁を叶えませんか?

 


このページの先頭へ戻る