ケンカ別れした元カレと復縁する方法

 

お付き合いしていた彼氏と喧嘩をきっかけに別れてしまうことがあります。
別れてしまった後に後悔することも多く、復縁したいなと思うようになるケースがあります。
そんな時には元カレの怒りや不信感をなくすために、なるべく早い段階で謝罪をするようにします。
どちらかが折れない限りは、復縁できません。

 

謝罪をするタイミング

 

まだ元カレが怒っているのではと思うと考え、もう少し先の方が良いかと思い謝罪を引き延ばしてしまう人がいます。
しかし時間が経ってから謝っても、今更言われてもと受け入れてもらえない可能性があります。
なので遅くするよりも、翌日か翌々日には謝るようにします。

 

別れ際に意地をはってしまった場合

 

喧嘩別れをする際に、あなたが元カレに対してきついことを言ってしまった場合には、謝罪しても今更謝られてもと不信に思われて受け入れてもらえない恐れがあります。
こういった場合にはまず、きついことを言ったという事実に対して、誠意をこめて謝ります。
その上で復縁したいと思っているあなたの矛盾に対しても謝ります。

 

メールを拒否されている場合

 

あなたからのメールが着信拒否に設定されている場合、SNSか手紙と言った方法で連絡を取る手段が残されています。
他には家に行くという選択肢もありますが、これは良い結果となる場合と、悪い結果となる場合の差が激しいと言えます。
あなたに対しての嫉妬心などから別れた場合には効果的で、あなたの依存心に対して不満を感じて別れた場合には逆効果になるでしょう。

 

ラインをブロックされている場合

 

最近では相手の連絡先はラインしか知らないという人もいます。
ラインがブロックされてしまった場合は、ごめんなさいという名前のグループに招待して、あなたの謝罪の気持ちを示すことができます。

 

謝罪をしたことに対する相手の反応

 

相手が自分も悪かったと謝罪してきた場合

 

このケースでは謝罪の気持ちが相手に伝わり、許してもらえたと考えます。
しかし喧嘩別れをしてから、連絡をするまでに相手の気持ちにどのような変化があったのかもわからず、それによって復縁の可能性は異なります。
早めに電話で連絡をして、会って直接復縁したいという気持ちを伝えましょう。

 

返事は来たけれど、相手の怒りがおさまっていない場合

 

相手が本気で怒っていることがわかれば、メールでの連絡を止めて電話で謝罪をします。
相手に言いたいことをどんどん言ってもらうことで、すっきりとしてもらうことが目的です。
その後1〜2週間経った頃に、家に置いてきた荷物を返してもらいたいなどを口実にして、直接会って相手の様子をみるようにします。
相手が感情的になっているケースでは、こちらが落ち着いて対応していると、相手の怒りもおさまって復縁の可能性も高まります。

 

返事がない場合

 

この場合には相手に謝罪の気持ちが伝わらなかったことを意味しています。
謝罪のメールを送ってから、2〜3週間後に今度は感謝のメールを送るようにします。
復縁したいなどは一切出さずに、今までありがとうという気持ちを伝えます。

 

メールを送った後は連絡を取らず、忘れ物を取りに行くなどの用事がない限りは、半年ぐらい経ってから様子をうかがうようにします。

 

最後に

 

喧嘩別れから復縁するには、早い段階で謝罪をして相手の反応に合わせた行動をすることが大事です。
しつこくしないように気をつける必要はありますが、喧嘩別れは感情的なものですから復縁の可能性は高いと言えます。

 

 

 

あなたと元カレの復縁について占ってみませんか?

本格的な占いなら電話占いがおススメです!

ここではランキングで占いサイトを紹介しています!

電話占いなら場所や時間を気にせず気軽に相談できますよ!

占いで元カレとの復縁を叶えませんか?

 


このページの先頭へ戻る